象棋(シャンチー、チュンジー)を始めるには・遊んでみよう

2018/10/23象棋(シャンチー)入門

中国象棋(シャンチー)は中国やベトナムなどで広く遊ばれているボードゲームです。中国との交易を通じて琉球王国にも伝わり、沖縄県内でも遊ばれています※1,※2。沖縄では沖縄象棋(チュンジー)と呼ばれています。

将棋に比べて駒の展開が早く、短時間に勝負がつきます。持ち駒がない(打てない)ので駒は減っていくのですが、それでも終盤は極めて難しく、残局と呼ばれる問題集もあります。

※1 週刊レキオ ~LEQUIO WORLD~
※2 沖縄将棋「象棋」に夢中 中国から伝来 駒やルールにしまくとぅば | 沖縄タイムス+プラス ニュース


以下、これから中国象棋・チュンジーを始めてみたい方が入門するために必要な知識や道具について説明します。

目次

ルールについて

書籍「はじめての象棋」にルールが掲載されています。紙の盤駒が付録としてついていますので、この本だけで一応遊べます。

中国象棋と沖縄象棋はルールはほぼ一緒ですので、中国象棋を始めたい人にも適しています。現在、日本語で読めて簡単に買えるのはこの本だけです (他の本は絶版になっていて入手困難)。


下記サイトには、ルールを簡単にまとめたPDFや、盤駒を手作りするためのキットがあります。



lionvv voleenveさん作のわかりやすい入門動画が YouTube にあります。

コンピュータ対局について

相手がいない場合や、とりあえず対局してみたい場合は、ブラウザ象棋対局を試してみると良いでしょう。本サイトやSDINなどで遊べます。


盤・駒の入手方法

Amazonや楽天等の通販サイトから購入するのが手軽です。「中国象棋」で検索してみてください。

なるべく大きめの盤と駒を用意しましょう。チュンジーらしく遊べます。私は「中国象棋 アクリル駒・木製箱」を使っています。値段は4000円ぐらい。値段の割には良い駒です。



私が買った駒の評価記事です。中国から直輸入したものもあります。