琉球象棋情報

2017/04/22

沖縄の伝統将棋である「象棋(チュンジー)」に関する情報集です。沖縄将棋・沖縄象棋と紹介されることもあります。

中国象棋(シャンチー)に良く似ています。ルールは細部を除いて同一で、象棋と類似の盤駒を使います。

ルールの詳細は書籍:はじめての象棋をご参照ください。

琉球象棋関連のブログや新聞記事の新着情報は琉球象棋新着情報に掲載しています。

団体

大会予定

大会結果

過去の大会

教室

公民館や児童館など各地で入門教室が開催されています。沖縄市の一番街には常設のチュンジー教室もあります。

書籍

現在、日本語で読めて手軽に入手できる書籍ははじめての象棋だけです。ルールと沖縄のボードゲームの歴史まで書かれた良書ですが、入門書のため定跡や戦法までは書かれていません。シャンチー(中国将棋)入門は入門から定跡まで書かれていますが、現在絶版でプレミア価格が付いています。

新聞などの記事

その他

盤と駒

中国象棋(シャンチー)の盤と駒を流用できる。韓国象棋(チャンギ)とは異なる。

なるべく大きめの盤と駒を用意しましょう。チュンジーらしく遊べます。私は「中国象棋 アクリル駒・木製箱」を使っています。値段は4000円ぐらい。比較的出来はいいと思います。

私が買った盤駒の紹介記事です。

ルール

駒の動きは中国象棋に同じ。上位者(年長者)が赤を持つ。先手・後手はブーサーなどによって決め、先手が赤とは限らない。
千日手は仕掛けた方が手を変える。三回繰り返すと負け。

ネット対局

ルールは細かい点を除き中国象棋(シャンチー)と同一ですので、中極象棋が遊べるサイトを紹介します。

以下は、CPU相手にブラウザ対局できるサイトです。

20160906-brainking-xiangqi

定跡など

Posted by