序盤は馬・車の使い方が大事らしい

象棋(シャンチー)の開局

子供のころに祖父から習ったという強者に、チュンジーの考え方を教えていただきました。将棋も恐ろしく強い上に教え方も上手。いつか習おうと思っていたのですが、ようやく実現しました。

開局について

私が先手で中炮に進左馬。こちらが馬を上げている間に飛象(象構え)から馬2進4とするのが工夫らしいです。象が上がっているので馬が横に行けるのが利点。こちらは中炮なので炮が邪魔で相が上がれません。

(炮二平五 马8进7 马二进三 象3进5 马八进七 马2进4)

なぜここに馬を上げるかというと、相手の師を詰ませるためには師の横から馬を当てるのが良くて、そこに最短距離で移動できるのがこの位置だそうです。はー、そこまで考えるものなのですか。

考え方について

馬と車をいかに働かせるかがポイント。次の図の车二进六のように相手の炮や車を押さえ込む手は好手。

感想

正直、今の私だときちんと理解できない内容でした。言われたことはわかるけど、消化できていない感じ。基礎的な棋力を上げて再度考えてみたいと思います。

この開局はなんという名前なんでしょうね。検索してみたけど探せませんでした。馬や車が大事だと書いてあるサイトはあった。