象棋(シャンチー)序盤の勉強メモ(四大佈局)

象棋(シャンチー)の開局

序盤(開局)の勉強メモです。中国語版Wikipediaにある四大佈局。先手が中炮に構えたあとの後手の応手。
中炮のことをチュンジーでは「包構え(ファーガメー)」と言います(初めての象棋 P.48)。

順手炮(Shùnshǒu pào)

先手が中炮に構えて、後手も炮で守る形。「中炮対屏風馬講座」では「順手炮直車対横車の戦いは攻め合いになりやすく一手遅れる黒方(後手)に若干の不満が残りました」とのこと。

1. 炮二平五 炮8平5

順手炮講座」に解説記事があります。

屏風馬(Píngfēng mǎ)

先手が中炮に構えて、後手は左右の馬で中央の卒を守る形。

1. 炮二平五 馬8進7
2. 馬二進三 馬2進3

中炮対屏風馬講座」に解説記事があります。

反宮馬(Fǎn gōngmǎ)

先手が中炮に構えて、後手は6筋に炮を回る。

1. 炮二平五 馬2進3
2. 馬二進三 炮8平6
3. 車一平二 馬8進7

單提馬(Dān tí mǎ)

馬の一つを9筋に回る。

1. 炮二平五 馬2進3
2. 馬二進三 馬8進9