象棋棋譜の略記方法

読み物

中国象棋の棋譜は「炮二平五」のように、駒名+移動元列名+移動方向+移動先(列名または進む数)を書く。数字は紅方は漢数字、黒方はアラビア数字だ。これは合理的な書き方だと思う。将棋やチェスの記法ではこれほど簡単には書けない。

対局中に採譜するときは、なるべく速く棋譜を書いてしまいたい。画数の多い漢字を書くのは大変なので、日本将棋では速記のための略字が存在する。例えば玉は○、金はへ、銀はヨと書く。

では中国象棋でも略記法はあるのだろうか?

略記方法

象棋中棋步的讀法與寫法」に記述があった。数字は全てアラビア数字にし、移動方向は移動先の数字に下線(進)・上線(退)を書くことで区別する。平のときは上下線は書かない。

例えば、炮二平五は炮25、馬八進七は馬87と書くらしい。紅方は駒を○で囲む。

実は上下線については、逆に説明しているサイトもある。「象棋的记录方法_百度知道」では「表示马5退六(下加一横是退,上加一横是进,不加不减是平)」と書かれていて、明らかに逆だ。

さらなる簡略化

略記法でも漢字を書くのは面倒臭そうだ。現場では別の略記方法が使われているとの記述もあった。駒名は英字1文字、進退は±で表す。これなら素早く書けそう。上下線の混乱も避けられる。

棋手一般会采用自己的习惯性记法,例如“炮二平五,马8进7”先简记为”p25,m8+7”,赛后再誊写为正式的比赛记录。

実際に手書きされた棋譜を探しましたが、見つかりませんでした。棋譜用紙は販売されているようなので、手書きされた棋譜もありそうなものなのだけど。

読み物

Posted by