象棋(シャンチー)の盤駒を買いました(3個目)

2017/10/17象棋(シャンチー)の盤や駒

先日、チュンジーの強豪に教わる機会がありました。対局用にアクリル駒のセットを持って行きました。駒は大ぶりで適度に重く、使用感は良いのですが持ち運ぶのはつらい。普段から気軽に持ち運べるような象棋セットが欲しくなったので、輸入してみました。前回で味を占めたので今回もaliexpressからの輸入です。

選択の基準

持ち運びするので軽さを重視。外出先で駒を無くしてしまう可能性もあるので安さも大事。盤が紙だと安っぽく感じるので、なるべくならちゃんとした盤付き。

今回も散々悩んだ挙句、以下の2セットを注文しました。上は木製2つ折れ盤で、中に駒が収容できるタイプ、下は手帳サイズです。同時に注文したのですが、先に上の方の木製セットが届いたのでこちらを紹介します。

注文から届くまで

10月7日に注文して、10月15日に配達されました。1週間ちょっとです。発送元は広東省東莞市。距離が近いせいで到着が速いのかな?

実物写真

プチプチが内側にあるビニール封筒に入って届きました。




駒と盤がラッピングされて入っていました。駒は直径2.5cm、盤は24.8×13.6×3.3cmです。隣にあるのはiPhone6 plus。




駒は内部に収容できます。盤の内側が汚れているのが気になる。蝶番も歪んていて全体的に作りが甘いです。



木にシールを貼った盤面のようです。貼り方が適当なのか盤面が少し波打っている部分があります。対局には支障ありませんが気になります。




その他色々気になります。蓋を止める部分がプラスチック製で、勝手に蓋が開くのが最大の問題。ブックバンドなどで縛った方が良さそう。




中国国内の淘宝や天猫で買うと数百円の商品ですので、品質もこんなもんかという感じです。作りの甘い製品は中国国内でも流通しているようで、淘宝のコメント欄にも怒りの投稿が散見されます。

将棋関係の道具もちゃんとしたものを揃えると最低2000円〜数万円はかかりますので、象棋用品も品質が気になるならもう少し高いものを選ぶべきでしょうね。私としては輸入してこの値段なら仕方がないかなと思いますが、他人にはオススメしません。最初に買うならAmazonの中国将棋 アクリル駒・木製箱が無難だと思います。

はじめての象棋:首里城友の会チュンジー体験教室に参加しました!: とりあえずしてみようか。」の記事内によく似ている盤駒の写真がありますが、こちらは瑕疵がないように見えます。留め具も金属のようですし。もしかしたら、私が買ったのは類似品の安物なのかな? (確かに値段は安かった)。